サンドブラスト【装飾編】

当社でできるサンドブラストの表現をご紹介する3回目は「装飾編」です。

サンドブラストでは文字や家紋だけでなく、幾何学模様やイラストなどを彫ることもできます。

今回のブログでは、花のイラストを使ってみました。

お墓の場合、近年ではご家族の好きな花や故人の好きだった花などをワンポイントで彫り込むことが増えてきています。

(竿石・花立に入れられることが多いです。)

例えばそういう時に今回ご紹介する4種類の中から仕上がりをお選びいただければと思いますので、以下ご紹介していきます。

 

1つ目は【線彫り】です。

イラストのアウトライン(輪郭)を彫ります。

 

2つ目は【立体彫】です。

今回のような花の場合は花びらや葉を立体的に彫ることで、より本物らしい仕上がりとなります。

デザインや大きさによってはあまり立体感を出せない・出来ない場合がありますので、事前の打ち合わせが必要です。

 

3つ目は【彫り込み】です。

イラスト全体を均一に彫り込みます。

 

4つ目は【立体彫(色付き)】です。

2つ目でご紹介しました立体彫に着色をすることで、仕上がりに彩りが加わります。

数年〜で色がくすんだり、落ちてしまう可能性があります。

 

それでは一覧でもご覧ください。

 

いかがでしたでしょうか。

3回に渡り、当社でできる文字・家紋・装飾のサンドブラスト仕上げについてご紹介いたしました。

デザインは形、石種、文字(家紋・装飾)が三位一体となって初めて一体感が出るものです。

とかく形と石種ばかりが語られることが多いのですが、サンドブラストでの表現をうまく取り入れられることで更に思い入れのある製品が完成します。

 

ただし、石種によってはサンドブラストの表現が分かりにくいものもあります。

詳しくは石材店さんにご相談ください。

 

また、今回紹介しました彫り方は全て当社で可能です。当社で彫ったものを撮影しました。

彫ったサンプルは当社にありますので、ご来社いただいてご確認いただくことも可能です。

(お墓の建立をお考えの方は、石材店さんと一緒にご来社ください。)

 

以上、3回に渡り、当社のサンドブラスト仕上げについてのご紹介でした。

サンドブラスト【文字編】はこちらです。

サンドブラスト【家紋編】はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA